ホーム

このサイトは英語のボキャブラリーを増やす為のサイトです。
単にこのような単語がありますとか、イディオムがあります、とかいうだけでなく、英語にはどのようなボキャブラリーがあるのか、どのようなボキャブラリーを知っておかなくてはならないのか、などの知識について主に書いていきます。

多くの英語学習者にとってボキャブラリーは大きな壁です。知らなければ通じない、という意味において、英語学習の中でのウエイトはかなり大きいと考えて良いでしょう。

しかしながら、多くの人が、やみくもに一対一で単語を覚えようとしたり、あまり使われないボキャブラリーに力を入れたり、と、あまり効率よくボキャブラリーを増やせていないのが現実です。

また、多くの人が「日常英会話に必要な単語数は実際には多くない」というような言説を信じて(ある意味正しくはあるのですが)、ある程度ボキャブラリーが増えたらそこでボキャブラリーについては勉強をやめてしまうという現実があります。

日本語の日常会話を考えて頂ければ分かると思うのですが、いくら大部分のボキャブラリーが例えば基本の5000単語などで行われていたとしても、会話のキーを握る単語は簡単なものだけではありません。

例えば、日常生活やテレビのニュースなどで「これは彼の十八番だ」とか「にっちもさっちもいかない」などと言いますよね。普段しょっちゅう使うわけではありませんが、使われたら多くの日本語ネイティブには確実に理解できます。

我々 もこういった単語や表現は読書やテレビ、また学校の国語の時間に学んできたのです。英語ネイティブも同じで、中学高校ではボキャブラリーを学習します。日 本で言う大学入試のセンター試験みたいな試験のボキャブラリーのために、単語カードなども売られています。ネイティブもそうやって努力の上日常会話ができ るボキャブラリーを身につけているのです。我々はもっと努力が必要でしょう。

例えば、英語学習法の世界で有名なDr.Terukiさんのサイト(http://www.drteruki.jp)によると、一般的なネイティブが認識できる単語数は2万から3万、これに対し「上級者レベル」のノン・ネイティブスピーカーの認識できる単語数は1万程度なのだそうです。つまり、上級者の英語学習者であっても、ネイティブの3分の1程度しか単語を知らないのです。

ボキャブラリーを増やすモチベーションが沸いてきましたか?
それでは、どのようなボキャブラリーが必要なのか、このサイトで学習してください。

Comments are disabled